Airbnb代行業者が教える宿泊ガイド作成のコツ!ガイド作成で旅行者の満足度上昇!

最近はAirbnb運用を副業として始めたいと思っている方が増えています。
また、Airbnb運用代行の民泊アシストへ運用に関してのお問い合わせも増えています。 このような状況を考え、民泊アシストでは代行業務を通じて培ったノウハウをできる限り皆さんに伝え、民泊という文化を活性化させる必要があるのではないかと考えました。
そこで今回は、Airbnb代行業者が教える「宿泊ガイド作成のコツ」をお伝えいたします。

代行業者が考える宿泊ガイドとは

宿泊ガイドとは、宿泊中のルールなどを記載したゲスト向けの資料のことです。
Airbnbを運用されている方の多くは宿泊中のルールなどを記載するだけで済ませてしまっていると思いますが、それだけでは不十分です。
運用代行の民泊アシストが作成している宿泊ガイドの中でも、ゲストから評判の良い項目をご紹介しますので、ぜひ皆さんも活用してみてはいかがでしょうか。

代行業者の宿泊ガイドは生活のルールを記載

貸出している部屋のルールを記載することはもちろん重要ですが、それと同等に重要なのが挨拶などといった生活上のルールを記載することです。
普段見かけない外国人が家の周りをウロウロしていても素敵な笑顔で「コンニチワ!」なんて言われたら警戒心が解けてしまうものなんです。
こうすることで、Airbnb運用で起こりがちな近隣住民とのトラブル発生を未然に防ぐことができるのはもちろん、
日本の挨拶を知っていたおかげで、滞在中に役立ったなんていう意見をもらうこともあります。

代行業者の宿泊ガイドは丁寧な道案内を欠かさない

Airbnbを運用していると、ゲストが迷子になるということが多々発生します。
ゲストが迷子にならないためにも、宿泊ガイドには最寄りの駅や目印となる建物から物件までの道案内を記載しましょう。
個人で運用されている方でも、文字やグーグルマップ等を利用した道案内を載せている方がいらっしゃると思います。
代行業者の多くは上記の道案内の他に、駅や建物から物件までの道のりを実際に撮影した写真を使用しての道案内を記載しています。
実際の写真を掲載することで、ゲストが迷子になる確率が一段と低くなります。

代行業者の宿泊ガイドは日本観光にも配慮

Airbnb利用者の多くは海外からの観光客です。
旅行者の中にはプランを決めずに、ただ日本に興味があったからといった理由で日本へやってくる方が多くいます。
目的地に着く前にどこをどう観光しようか綿密に決める日本人とは大違いですね。だからこそ外国人旅行者は観光情報などに敏感なんです。
このような旅行者のために、宿泊ガイドに東京のおすすめ観光スポットや物件近隣の穴場スポットを載せておきましょう。
数々の運用代行を行ってきた民泊アシストでも、ガイドに載っていた場所に行ってみたら素晴らしいところだったよ!などと感謝されることが少なくないです。

代行業者の宿泊ガイドは他言語対応

ここまで、宿泊ガイドに掲載しておくと良い情報をご紹介しましたが、一番大事なことは宿泊ガイドを誰でも読むことができることです。
世界の標準語である英語で作成すれば基本的には問題ないと思いますが、中には英語圏でない国からの旅行者もいるので、対応言語のバリエーションは常に増やしましょう。
運用代行業者も多くが2ヶ国語以上の言語での作成を心がけています。
最近ではアジア圏からの旅行者が非常に増えたために、中国語や韓国語といったアジア圏の言語での対応を進めている業者も存在します。
民泊アシストでも今年に入り、宿泊ガイド作成を始めとするすべての業務を日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語で対応しています。

以上、Airbnb代行業者が教える「宿泊ガイド作成のコツ」をお伝えいたしました。
宿泊ガイドの作成は、物件利用者の満足度を上げるために極めて重要な要素ですが、その一方で作成には多くの手間がかかってしまうことも事実です。
このような手間をかけずにAirbnbを運用したいとお考えの方は、ぜひ一度Airbnb運用代行の民泊アシストにご相談ください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧