Airbnb代行業者が教える宿泊者とのやりとりのコツ

最近ではAirbnb運用をされている方から”Airbnbでの宿泊者とのやりとり”についてのご相談をいただくことがよくあります。
Airbnb物件利用者は外国から来た旅行者がとても多く、そのような方と予約についてのやりとりを行うことが非常に多いです。
“連絡が極端に遅い”、”宿泊者が勝手な解釈をしていた”など、
マメであることや曖昧さといったことが文化的な特徴である日本人にとってはメッセージでのやりとり1つとっても感覚が普段とはとても異なっており、苦労することも多いのです。
そこで今回は”これであなたも失敗しない、Airbnbでのやりとりのコツ”をお伝えします。

決め事はYes/Noで意思表示の徹底を

日本人は”曖昧”だとよく言われますね。
これがやりとりにおいてミスコミュニケーションを生み、トラブルにつながってしまうことが多々あります。
曖昧さを払拭するためにも、決め事をする際にはYes/Noでの意思表示を徹底しましょう。

宿泊者から連絡が来なくても焦らない

日本では特にビジネスシーンにおいて、相手からの返信は最低でも1時間以内には返すといったことが徹底されていますね。
私たちの多くもこのような価値観が当たり前だと思っていますが、世界ではこの”マメさ”はとても稀なのです。
Airbnbを運用したり、外国の方と接するとよく分かることですが、ここまで返信が早いのは日本人くらいなものでしょう。
実際にAirbnb上では1日経ってからの返信はとてもよくあることで、中には1週間ほど経ってから連絡が返ってくるなんてこともあります。
Airbnbでは”今すぐ予約”という機能を利用しない限り、ホストとやりとりをしている最中であっても他人に予約を同日程に予約を入れられてしまうことがあるため、宿泊者からの返信が早いこともあります。
しかし、やはり”マメさ”が根付いてるわけではないので、宿泊者からの連絡が遅くてもそういうものなのだということを理解して、怒ることなく余裕をもって対応しましょう。
どうしても連絡が欲しい場合には、自分から再度連絡を送ってみましょう。

多少の変更は覚悟する

外国人の中でも、特にAirbnbを頻繁に利用する旅行者などは気まぐれであることが多いです。
なので、一度チェックイン時間などを決めても彼らの気分で変更を頼まれることが非常に多くあります。
また、初めて日本にやってきた外国人は地下鉄といった複雑な交通網を理解できず、迷子になり、意図せず約束の時間に遅れてしまうことがあります。
不意の変更に対応できるように気構えておくことや、事前に待ち合わせ場所までの経路や電車の乗り継ぎ方を教えておくと良いでしょう。

英語での簡単なあいさつを覚えよう

英語教育が普及していないのも日本の特徴ですね。
旅行者が英語で教科書にはのっていないくだけたあいさつを送ってきて、その意味を調べるのに何時間もかかってしまったなどということもよく聞きます。
これは、分からないことをそのままにしておけない誠実さのせいもあるでしょうが、こうならないためにもよく使われる英語表現などはあらかじめ覚えておいたり、日々やりとりを重ねる中で覚えていくようにしましょう!

手に負えないと思った方はぜひ代行業者にご相談を

以上、Airbnb代行業者が教える「もう失敗しない、Airbnbでのやりとりのコツ」をお伝えいたしました。
宿泊者とのやりとりだけでもこのようなコツがあり、個人で運用をされている方には少し負担かもしれませんね。
このような手間をかけずにAirbnbを運用したいとお考えの方は、ぜひ一度Airbnb運用代行の民泊アシストにご相談ください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧