Airbnb代行業者が教える清掃業務のコツ!綺麗な部屋で旅行者の満足度をあげよう!

11月に入り、Airbnb運用を副業として始めたいと思っている方は依然と増えております。
このような状況を考え、民泊アシストでは代行業務を通じて培ったノウハウをできる限り皆さんに伝え、民泊という文化を活性化させる必要があるのではないかと考えました。
そこで今回は、Airbnb代行業者が教える「清掃業務のコツ」をお伝えいたします。

代行業者はベッドのシワを残さない

imagebase11_05

ゲストが部屋に入り、まず目を向けるのがベッドメイキングがしっかりとなされているかどうかです。
シーツや掛け布団がしわくちゃになっていたり、汚れがあったりすると、多くの場合でゲストに良くないレビューを付けられてしまいます。
事前に寝具を物干し竿に吊るしてシワを伸ばしたり、シーツを伸ばしながら張るなどして、シワをしっかりと伸ばしましょう。

代行業者はバスルームの水滴を残さない

バスルームの床や浴槽に水滴が残ってしまっていると、どうしても使用感を感じてしまいます。
どうせ水を流すのだから、水滴が残ってしまっていて良いのではないかと思ってはダメです。
バスルームを清掃した後は必ず、雑巾などを使って水滴を一滴残らず拭きましょう。

代行業者は床の汚れを許さない

日本の物件は海外と違い、裸足で室内に入るため、汚れが残っているとどうしても足の裏が汚れてしまいます。
室内に裸足で入る文化に慣れている日本人でさえ足の裏の汚れは気になりますが、普段は室内を土足で過ごす外国人旅行者からすれば、とても受け入れることができないものです。
床そうじは掃除機をかけて目につくゴミを取るだけでなく、水拭き・乾拭きなどでしっかりと汚れを取りましょう。

部屋の綺麗さは旅行者の満足度につながる

日中にさまざまな場所を観光し、クタクタになって帰ってきた部屋が汚かったとしたら、それだけで満足度はとても低くなってしまいますね。
それだけでなく、旅行者がせっかく自分の部屋や物件に宿泊するなら、綺麗な部屋を用意して「また日本に来たい、またここに泊まりたい」と思って欲しいものですね。
皆さんも民泊アシストの実践する清掃のコツを実践して、旅行者にいい思い出を提供しましょう!

手に負えないと思った方はぜひ代行業者にご相談を

以上、Airbnb代行業者が教える「清掃業務のコツ」をお伝えいたしました。
清掃業務だけでもこのようなコツがあり、個人で運用をするのはとても手間がかかりますね。
このような手間をかけずにAirbnbを運用したいとお考えの方は、ぜひ一度Airbnb運用代行の民泊アシストにご相談ください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧