Airbnbで提供できるローカルな体験!実践したいおもてなしテクニック

最近、通常のパッケージツアーでは満足できない外国人旅行者が増えているそうです。
そのような旅行者の多くは、訪れた国独自の文化に触れたり、現地の人々との交流を期待しています。
そして、ホテルなどの宿泊施設を利用しないAirbnb宿泊はこのようなローカルな体験が起こりやすいのが魅力の1つです。
そこで今回は、ローカルな体験を求める旅行者から良いレビューを貰うために民泊アシストが実践しているおもてなしのテクニックをご紹介します!

和紙の折り紙でつくる折り鶴

Airbnbの旅行者はサプライズ好きです。そして、日本文化への興味・関心も非常に強いので、日本の文化を感じられるささやかなプレゼントを用意しましょう。
おすすめはすこし高級な和紙で折った折り鶴です。折り紙は”Origami”という英語にもなりつつあるくらい、海外で注目を浴びています。泊まる部屋にお洒落な折り鶴があると喜ぶ外国の方はとても多いです。

長期利用者には日本酒をプレゼント

長期に渡って利用してくれる宿泊者にはウェルカムドリンクとして日本酒などを用意しておくのがおすすめです。用意した日本酒をとても気に入り、最後の滞在日になって、あの日本酒と同じものを3つかってきてくれない?なんてお使いを頼まれることもあります。

バスローブ代わりに浴衣を置いておく

バスローブの代わりに浴衣を置いておくというのも粋です。和服体験は浅草など観光スポットで体験できますが、どうしてもお金がかかってしまいます。
そういった体験が滞在先で経験できたら嬉しいですね。浴衣の着方をレクチャーする資料をハウスガイドに入れておくのもおすすめです。

大切なのは”おもてなし”精神

このような”おもてなし”精神に心を打たれる外国人旅行者はとても多く、良いレビューにつながることが多々あります。
運用代行の民泊アシストでは、レビューのためだけでなく、どのようなおもてなしをすれば利用者に喜んでもらえるかを日々考えております。

以上、Airbnbで高いレビューを得るおもてなしテクニックを3つご紹介いたしました。
Airbnb運用をお考えの皆さんも嗜好をこらしたおもてなしを実践してみては如何でしょうか?
ゲストのおもてなしについてもっと知りたいという方はAirbnb運用代行の民泊アシストにご気軽にご相談ください!

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧