Airbnb代行業者直伝、近隣住民からクレームを減らす秘訣とは?

Airbnbで物件を運用する場合にはゲストと自分だけではなく、近隣住民にも配慮をしなければなりません。
中には、近隣住民の苦情からトラブルに発展してしまったというケースもあります。
そこで今回は、近隣住民からの苦情を減らすために必要なことをまとめてみました。

Airbnb運用を近隣住民に認知させる

近隣住民からの理解を得るためには、運用を始める前にその旨を伝えておきましょう。
伝える内容としては、外国人がよく泊まりにくるなどということが挙げられます。
事前に一言断りを入れておくだけで、近隣住民の不安を取り除くことができ、トラブルが起こることも少なくなるでしょう。

近隣に迷惑をかけないよう、宿泊客に忠告する

実際に宿泊しているゲストが親切に対応すれば、近隣住民が不快感を感じることはないでしょう。
近隣住民と会ったら挨拶をする、夜遅くには絶対に騒がないように促すなど、事前にしっかりとゲストへ伝えましょう。
簡単な日本語の挨拶を教えてあげれば、近隣への配慮だけでなく、ゲストが旅行中に役立つかもしれませんね。

建物のルールを伝える

近隣住民への配慮を伝えるだけでなく、建物自体のルールもしっかりと把握しておきましょう。
ゴミを指定の場所以外に捨てていたり、エントランスのドアを開けっ放しにしてしまったりなどがトラブルとなるケースがあります。
それ以外にも建物特有のルールがある場合には、しっかりとゲストに伝えましょう。

文化の違いを伝える

日本の常識が、世界の常識ではありません。
ゲストが意識せずとった行動で近隣住民に不快感を与えてしまうことは誰にとっても得ではありません。
事前に日本の常識などをまとめて、ゲストに教えてあげると良いかもしれません。

今回は近隣住民からの苦情を減らすために必要なことをまとめました。
せっかく大家さんからAirbnb運用の許可を得たのに、近隣住民とのトラブルのせいで運用ができなくなってしまうと、大きな機会損失です。
民泊アシストではこうした近隣住民とのトラブルを減らすための様々な対処法、予防策を持ち合わせております。
Airbnbで運用したいけれどトラブルが不安・・・という方は、ぜひ一度ご相談ください!

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧