Airbnb代行業者が教える運用物件を選ぶコツ【こだわり条件編】

最近は民泊サービスのAirbnbに関連したニュースを耳に吸うことが増えてきました。
皆さんの周りにも副業としてAirbnb運用を始められている方がいるのではないでしょうか。
Airbnb運用を始める方、興味をお持ちの方が増えている状況を考え、民泊アシストでは代行業務を通じて培ったノウハウをできる限り皆さんに伝え、民泊という文化を活性化させる必要があるのではないかと考えました。
そこで今回は、Airbnb代行業者が教える「Airbnb運用物件を選ぶコツ【こだわり条件編】」をお伝えいたします。

Airbnb運用には欠かせないネット環境を整えよう

日本へやってくる海外旅行者には、携帯を自国外でも使えるように対応していない、WiFiの契約をしていないといった方が多くいます。
そのような旅行者のほとんどはマクドナルドやスターバックスといった店舗のWiFiや街中にあるフリーWiFiを探して街を歩き回っています。
そんな彼らにとって、滞在先にネット環境が整っていないのは死活問題です。
実際、「部屋を訪れてみたらネットがなく、1日誰とも連絡が取れずに困った」などの理由から高いレビューを得られていない物件が多くあります。
Airbnbで運用する物件を決めたら、まずはネット環境を整備してみてはいかがでしょうか。
ネット環境を整えられない方は、利用者が泊まる日だけ自分のポケットWiFi貸し出すなどで対応してみてはいかがでしょうか。

長期滞在には必需品!洗濯機備え付けでAirbnb運用

2〜3日の滞在であれば、滞在中に洗濯をすることはあまりないですね。
しかし、Airbnb利用者は平均して1週間程度の滞在をすることもあります。
1週間の滞在となると手持ちの洋服だけでは足りません。
近くのコインランドリーを探して洗濯するなんてことも海外からの旅行客にはハードルが高いですね。
そこで宿泊客の多くが、滞在先に洗濯機や乾燥機が置いてあるかどうかを滞在先を決める際に重視しています。
Airbnbで運用する物件に洗濯機・乾燥機を置くことで、人気の物件になるだけでなく、2週間や1ヶ月といった長期の滞在を多く受け入れることができ、物件の空室率を下げることができます。
家電を買うことで購入費用といった初期費用がかさみますが、大きなリターンになることは間違いないでしょう。

日々の食費は節約派??キッチン付き物件でAirbnb運用

民泊サービスAirbnb利用者の多くは先ほども述べた通り、1週間以上の滞在が多くを占めており、中には1ヶ月の長期利用者も多くいます。
1ヶ月の長期滞在で毎日3食を外食で済ませていたら、どんでもなく食費がかさみますね。
そんな中、いま注目されているのがキッチン付きのAirbnb物件です!
毎食を外食にするのではなく、滞在先で自炊をし、浮いたお金で現地の美味しいご飯を食べる、それが最近のAirbnb利用者のトレンドです。
滞在中の自炊はホテルなどの宿泊施設では出来ないので、長期旅行者の滞在先探しはすでに民泊サービスAirbnbが主流になっているのだとか…

人気の壁は言語の壁??さまざまな言語に対応してAirbnb運用

Airbnbを利用する際に私たち日本人胃とって大きな壁となるのが言語ではないでしょうか。
Airbnbでは紹介文の作成から利用者とのメッセージのやりとりまで、すべて自分で行わなければなりません。
利用者も全員が日本語を話せるわけではなく、意志の疎通がとれないことがトラブルの原因になることがよくあります。
そこでAirbnbの人気ホストを見てみると、その多くが英語、中国語、イタリア語、フランス語など様々な言語に対応しています。
Airbnbを使って上手く運用するには、良い物件を用意するだけでなく、良いホストになることが必要なようですね。

1日の元気をチャージ??意外な魅力のローカル朝食でAirbnb運用

食事は旅行中の楽しみの1つですよね!
特に朝食は1日の元気をつけるために欠かせないものです。
ホテル滞在では朝食付きのプランが主流ですが、Airbnbではホストがゲストのために朝食を作るという文化はまだ根付いてはいません。
しかし、人気物件のいくつかには朝食がついていることが多いです。
朝食付きAirbnb物件を利用した旅行者に、その良さについて尋ねたところ、「朝はご飯を作るのも食べに行くのも面倒で、朝食を作ってくれることはとても嬉しい。それにホテルの朝食では食べれない日本の家庭料理を食べれることもとても興味深い経験なんだ。」と言っていました。
朝食を準備するのは少し面倒ではありますが、利用者の満足度は高く、ローカルな体験もできる、朝食付きAirbnb物件がいま密かに人気です。

代行業者を活用して、効率よくAirbnbを運用しましょう

以上、Airbnb代行業者が教える「Airbnb運用物件を選ぶコツ【こだわり条件編】」をお伝えいたしました。
民泊サービスAirbnbの運用を始める際にはどの物件で運用をするのかをよく考えましょう。
Airbnb運用代行の民泊アシストでは運用に関する様々なノウハウをご提供します!
ぜひ一度お問い合わせください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧