Airbnb代行業者が教える運用物件を選ぶコツ【家賃編】

Airbnb運用で長期的な利回りを得るためにはいい物件を選ぶことが何よりも重要です。民泊アシストでは確実によい物件を選ぶためのノウハウについて紹介しています。今回は運用物件の「間取り」についてご紹介します。

Airbnb運用には初期費用の安い物件がおすすめ

Airbnb運用では初期費用をできる限り下げ、運用を開始してからすぐに利益をあげることが大切です。そこで、運用物件は敷金・礼金なしの物件がおすすめです。
敷金や礼金がない物件はその分家賃が少しだけ高くなっているため、そのような物件での運用は損なのではないかと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。
いざ運用を始めてみたら近隣の住民が想像以上に外国人の滞在に口うるさかったり、思ってたほどの利回りが上がらないといったケースでは、物件の変更を考える必要が出てきます。そうした場合には月々の家賃が高くとも、初期費用がかからない物件のほうが他の物件への移動を検討しやすいのです。

Airbnbはアクセスのいいエリアでの運用がおすすめ

Airbnb運用には家賃などが少しかかってしまっても、アクセスのいいエリアを選びましょう。
例えば、渋谷から一駅離れた場所に部屋を借りる場合、確かに渋谷で借りるよりも少し安くなるかもしれませんが、アクセスが良くないためにその分予約があまり入らずに、渋谷駅付近で運用をするよりも最終的な利益は下がってしまうでしょう。

アクセスの良い1DKがAirbnb運用に最適!

Airbnb運用には様々な物件運用のスタイルがあります。
その中でも、数々のAirbnb運用代行の経験から、民泊アシストでは都心へのアクセスが良いエリアにある1DKの物件を特におすすめすします。
実際の相場はお近くの不動産会社へお問い合わせいただくのが確実ですが、このような物件であれば家賃10万〜14万程度が相場となっております。

今回はAirbnb運用物件の選び方「家賃編」をお送りしました。
民泊アシストではAirbnb運用代行を通じて得たノウハウをどんどん共有していますので、ぜひ他の記事もご参考にしてください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧