Airbnb代行業者が教える運用物件を選ぶコツ【間取編】

Airbnbの運用で長期的な利回りを得るためにはいい物件を選ぶことが何よりも重要です。民泊アシストでは確実によい物件を選ぶためのノウハウについて紹介しています。今回は運用物件の「間取り」についてご紹介します。

Airbnb運用の理想的間取りは1DK

Airbnb運用におすすめの間取りはずばり1DKです!一部屋をベットルームに、もう一部屋をリビングにする間取りが最もAirbnb旅行者に人気です。
ベットルームにはシングルベットを2つ設置し、リビングにはソファベットを用意するなどして最大3名泊まれるような部屋づくりをしましょう。

Airbnb運用にはユニットバスがおすすめ

居住物件であれば、お風呂とトイレは別々になっている方が望ましいという方が多いですが、Airbnbの運用の際はユニットバスを選びましょう。
Airbnb利用者はユニットバスであっても気にしませんし、同じ間取りであっても風呂トイレ別の物件よりユニットバスの方が家賃等が安いので、迷わずユニットバスを選びましょう!
水が出ない、お湯が出ないなどのトラブルがなければ、利用者から不満が出ることはありません。

Airbnb運用を避けたほうが良い物件

ここまで、Airbnb運用におすすめの物件をご紹介してきましたが、最後にAirbnb運用を避けた方が良い物件似ついてご紹介します。
Airbnb運用においては、大人数向けの物件は避けた方が良いでしょう。広い部屋は高級なマンション等に多いですが、そのような物件ほど近隣とのトラブルになりやすいです。
また床が畳の物件も避けたほうがいいでしょう。京都や浅草など日本文化が好きで好きでたまらないという人向けの物件であれば価値はあるかもしれませんが、外国の旅行者にとって畳は慣れない見た目・匂いですので、基本的には避けたほうが良いです。

今回はAirbnb運用物件の選び方「間取編」をご紹介しました。民泊アシストではAirbnb運用代行を通じて得たノウハウをどんどん共有していきますので是非他の記事もご参考にしてください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧