Airbnb代行業者が教える運用物件選びのコツ【居住面積編】

最近はAirbnb運用を副業として始めたいと思っている方が増えています。
また、Airbnb運用代行の民泊アシストへ運用に関してのお問い合わせも数多くいただいております。
このような状況を考え、民泊アシストでは代行業務を通じて培ったノウハウをできる限り皆さんに伝え、民泊という文化を活性化させる必要があるのではないかと考えました。
そこで今回は、Airbnb代行業者が教える「Airbnb運用物件を選ぶコツ【居住面積編】」をお伝えいたします。

1番人気の都心1DK物件でAirbnb運用

いまAirbnbで一番人気を集めているのが都心の1Dk物件です。
東京の主要観光地と言えば、秋葉原、渋谷、新宿、六本木など、どれも都心に密集しており、旅行者は都心の滞在先を探しています。
また、旅行者はローカルな地名を知らず、上記のような有名なエリアの滞在先しか探すことができないといったこともあります。
滞在先は広くて、ゆったりくつろげる物件が人気なのでは?と思ってしまいがちですか、Airbnb利用者の多くは物件の広さをあまり気にしない傾向にあるようです。
とにかく都心、というニーズが圧倒的に多いのです。

大人数の宿泊客に人気の一軒家でAirbnb運用

都心の1DK物件はシーズンを問わず、1年を通して人気がありますが、夏休みといった長期休暇の際に人気となるのが、一軒家を丸々貸し出すAirbnb物件です。
長期休暇時には、家族みんなで、友達複数人と、などの大人数での宿泊ニーズが多くなります。
都心の1DKでは全員が宿泊できないために、このような物件の利用者が多くなります。
しかし、長期休暇時以外にはあまり利用者が多くないために、運用にはしっかりとした知識と経験が必要になります。

これぞ民泊!ローカルな体験付き物件でAirbnb運用

最後にご紹介するのはホストが住んでいる物件の空き部屋を貸し出す、昔ながらの民泊スタイルです。
最近では都心の1DK、一軒家丸々といった物件に続いて、密かに人気になっています。
このような物件に滞在することで、日本の”家庭”に触れられるといったことが人気の理由のようです。
Airbnbで空き部屋を貸し出しているホストの中には、利用者にオプションとして朝食を出す人もいるようです。
民泊ならではのローカルな体験が観光客にはとても興味深いのだとか…

これからの運用には都心の1DKがおすすめ!

一軒家の購入は莫大な初期費用がかかり、住んでいる物件の一部屋を貸し出すのは利用者とのトラブルがつきものです。
そこでおすすめなのが都内の1DKを利用したAirbnb運用です。
一軒家に比べて初期費用は安く、1DKを丸ごと貸し出すので、トラブルも起こりにくいです。

代行業社を活用して、効率よく民泊サービスAirbnbを運用しましょう

以上、Airbnb代行業者が教える「Airbnb運用物件を選ぶコツ【居住面積編】」をお伝えいたしました。
Airbnbの運用を始める際にネックになるのは利用者への鍵の受け渡しや部屋の清掃ですね。
このような手間をかけずにAirbnbを運用したいとお考えの方は、ぜひ一度Airbnb運用代行の民泊アシストにご相談ください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧