Airbnb運用をはじめる全ての人に知っていて欲しい、物件の選び方完全解説

海外で認知度が高いエリアを選ぶ

Airbnbで物件を探す際は、目的の観光地から探す人がとても多いです。「渋谷」「新宿」「浅草」「秋葉原」「六本木」といった外国人を多く見かける街を選びましょう。
多少家賃が高くなりますが、Airbnbで高い利回りをあげるためには、空室率を下げることがまず第一歩になります。
1~2万円の家賃の差は1~2回の予約が増えれば簡単にカバーできるのです。
多くの人が街選びで失敗する理由として一番大きいのは、自分の家に近い物件を探すといったケースでしょうか。
折角投資するのであれば民泊アシストのような管理代行を使ってでも有名なエリアに投資することをおすすめしています。

1LDKがAirbnb運用にはおすすめ

Airbnbで最も多のは2~3名の利用者です。
3名での利用に最も適しているのは1LDKの部屋です。1LDKであれば、ベッドや棚などの家具を置いても広すぎず狭すぎない最も適切な空間にすることが可能です。
Airbnb運用を検討されている方の中には、とにかく広い部屋で運用するのがいいのではないかと考える方がいらっしゃいますが、広い部屋で運用すると、当然大人数の宿泊者に向けた物件展開をすることとなります。
大人数での滞在は近隣トラブルに繋がる、騒音といった問題が発生しやすくなります。

駅から徒歩5分以内での運用が理想

ゲストの多くは1週間程度の長期滞在がほとんどです。
持ち歩いている荷物も比較的多く、駅近くの物件を探す傾向にあります。
また、駅から遠いと移動が大変なばかりではなく、ゲストが迷子になりやすいといった問題も発生します。

オートロックのない物件を運用しよう

居住物件であれば、オートロックが付いている物件の方が安全面の理由から好まれる傾向にありますが、Airbnbで運用する物件であれば、オートロックの付いていない物件がおすすめです。
オートロックの付いていない物件のほうが鍵の受け渡しがスムーズに行え、オートロック付きの物件より賃料が安い場合が多いです。

事務所利用可の物件を運用しよう

事務所利用可の物件は人の出入りが多いため、Airbnbで貸出したとしても近隣の住民とのトラブルになりづらい傾向にあります。

4階以上ならエレベーターが必須

Airbnbで物件を運用していると、ゲストからエレベーターはあるかという質問が良く届きます。
当たり前のことですが、重い荷物を抱えながら何階も階段を上るのは苦痛でしかありません。
民泊アシストでは数多くの運用経験から、4階以上でエレベーターがない物件の運用は避けた方が良いとアドバイスしております。

日当たりが悪い物件は避けましょう

Airbnbで運用している物件を人気にするために重要な要素の1つがAirbnbで掲載している内装写真が綺麗かどうかです。
内装の写真を撮影する際に重要なのは物件の日当たりです。プロのカメラマンに依頼すれば、日当たりが良くない物件であっても綺麗な写真を撮影してもらえますが、ゲストが実際に宿泊した際に掲載写真と違うなどといった理由から、よくないレビューを書かれてしまうことがあります。
Airbnbで運用する物件は日当たりのいい物件を選びましょう。

これからAirbnbの運用を始めようと考えているすべての人に伝えておきたい物件の選び方をご紹介しました。
Airbnbの運用代行の民泊アシストでは物件選びのご相談も承っておりますのでご気軽にご相談ください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧