Airbnb代行業者が教える貸出直前に確認しておくべき4つのこと

最近はAirbnb運用を副業として始めている方が増えています。
また、Airbnb運用代行の民泊アシストへ運用に関してのお問い合わせも増えています。
このような状況を踏まえ、民泊アシストでは代行業務を通じて培ったノウハウをできる限り皆さんに伝え、民泊という文化を活性化させる必要があるのではないかと考えました。
そこで今回は、Airbnb代行業者が教える「貸出までに確認しておくべき4つのこと」をお伝えいたします。

代行業者はベッドメイキングを完璧に行う

部屋の貸出までに確認しておくべきこととして、最も重要なのはベットメイキングが整っているかどうかです。
旅行者が部屋に入り、真っ先に確認するのはベッドが綺麗かどうかなんです。
代行業を通して学んだことですが、旅行者の多くは日中観光に出かけてとても疲れているため、その疲れを癒してくれるベッドが綺麗かどうかをとても気にします。
Airbnbで部屋を貸し出す際にはベットメイキングがしっかり終わってるかどうかを確認しましょう。

代行業者は消耗品の補充を忘れない

Airbnbを利用した宿泊の際に頻繁に発生するのが、シャンプーやリンス、トイレットペーパーといった消耗品が切れてしまうというトラブルです。
個人で運用をされている場合、うっかり補充し忘れてしまうなんてことが多々あるようです。
しかし、こうした些細なトラブルも最終的にはAirbnbでのレビュー低下につながる恐れがあるので注意しましょう。
代行業者ではチェックシートなどを活用し、補充忘れが起こらないよう徹底的に注意しています。

代行業者は床の汚れを残さない

Airbnb利用者の多くは海外からの旅行者です。
普段は室内を土足で室内に過ごす外国人旅行者からすれば、床が汚れていて足が汚くなるのは耐えられないそうです。
Airbnb代行業者は専門のスタッフを派遣して清掃を行いますが、個人で運用される場合は掃除機を使用してゴミを取るだけでなく、水拭き・乾拭きなどを行い、しっかりと汚れを取りましょう。

代行業者はゲストのチェックイン時間を間違えない

ゲストのチェックイン時間を間違え、待ち合わせ場所で長時間待たせてしまった・どこかで時間を潰してもらったということもAirbnb運用でよくあるトラブルの一つです。
チェックイン時間を間違えても、カフェで時間を潰したり、観光に行けるでしょと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
日本での土地勘があまりない旅行者にとってはとても大変なことですし、中にはWi-Fiを持っておらず、待ち合わせ場所に留まらなくてはいけないといったケースもあります。
このような事態を招いてしまった場合には、当然のように低いレビューが付いてしまう可能性が高いです。
代行業者では利用者のチェックイン時間等をまとめたファイルを作成し、チェックイントラブルが起こらないような対応をしています。

手に負えないと思った方はぜひ代行業者にご相談を

以上、Airbnb代行業者が教える「貸出までに確認しておくべき4つのこと」をお伝えいたしました。
清掃業務や消耗品の補充など、個人で運用をするのはとても手間がかかりますね。
このような手間をかけずにAirbnbを運用したいとお考えの方は、ぜひ一度Airbnb運用代行の民泊アシストにご相談ください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧