Airbnbの基礎知識を覚えよう!明日から始めるAirbnb運用

Airbnbってそもそもどんなサービス?

Airbnbとは、宿泊場所を探す旅行者と、宿泊場所を提供するホストを結ぶ”民泊”サービスです。
ホストは居住物件に空き部屋が1つでもあれば宿泊場所を提供できるようになっており、その手軽さから現在では世界190か国・34000以上の都市で使用されており、今世界で最も注目を集めるサービスの1つになっています。

民泊サービスAirbnbってなにが魅力なの?

Airbnbの魅力は何といっても「海外暮らし」を体験できることです。貸し出されるのはホテルではなく、あくまで「部屋」なので、旅行者はまるで現地に住んでいるかのような感覚を味わうことができます。ホテルのような整ったサービスを受けることは出来ませんが、まるで暮らししているかのように滞在することができ、民泊ならではの交流が魅力となっています。
一方で、提供者としては自国にいながら外国の旅行者と交流ができたり、空き部屋を貸すことでちょっとしたお小遣い稼ぎが出来たりとまさに一石二鳥のサービスとなっています。

いま観光地のトレンドが日本になっている?

2020年に開催が決定した東京オリンピックの影響を受け、近年では訪日外国人の宿泊者数が急激に増えています。
観光庁によると、2015年6月時点で国内における総宿泊者数は約3700万人で、このうち訪日外国人の宿泊者数が約530万人泊となっており、前年同月比51.7%増という成長を記録しています。
これに伴って訪日外国人のAirbnb利用者も爆発的に増えているようです。
Airbnb日本法人代表の田邉泰之氏によれば、訪日外国人のAirbnb利用者は2014年度と比べて4倍に増えていると共に、掲載物件数も3倍の1万3000件以上になっているそうです。
まさに日本は今最もAirbnb利用増加率が最も高い国の1つとなっています。

Airbnb運用代行ってなに?

近年の日本観光ブームを受け、都内の不動産を複数物件所有し、Airbnbを利用して部屋の提供・運用を行う人が増えています。
そして、そのようなAirbnb運用ビジネスを目的とした人にとって、縁の下の力持ち的な存在となっているのが「Airbnb運用代行業者」です。
代行業者には、物件紹介~お客様の利益最大化までをトータルに行う「完全代行型」と、メール対応のみ・清掃代行のみなど一部業務だけを引き受ける「部分代行型」の2種類があります。
旅行者のチェックイン時間がイレギュラーであったり、物件数が増えてくると手間も増えるため、「完全代行型」の方が人気が高いようです。
もちろん、ある程度は自分で運用を行えるという方には部分代行が人気となっています。

民泊アシストは、お客様の利益最大化と旅行者への最高のサービス提供をサポートする「完全代行型運用」でサービスを展開しております。
Airbnbを利用した物件運用をお考えの方はぜひお気軽にご相談ください!

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧