代行業者が教えるAirbnb頻発するトラブル対処ガイド【忘れ物編】

最近ではテレビなどの各種メディアで取り上げられるなど、民泊の認知度が上がっています。
副業としてAirbnbを利用した物件運用をされている方が周りにいらっしゃる方も少なくないのではないでしょうか。
美味しい話が広まっている一方で、民泊の危険性やリスクなどの話題も最近はよく耳にしますね。
民泊では知らない人を家に泊めるのですから、トラブルが起こらないとは言い切れません。
しかし、トラブルの多くは事前に防ぐことができたり、事後の適切な処理で傷口が非常に小さく済む場合がほとんどです。
そこで今回は、Airbnbでも非常に多く発生している”忘れ物”の対処方法をご紹介します!

迅速な忘れ物チェックを行おう!

もしも忘れ物が発生してしまった時に最も傷口を小さくするためには、迅速な忘れ物チェックが有効です。
ゲストがチェックアウトした後すぐに部屋の点検に行き、忘れ物があった場合には連絡を入れることで、ゲストがまだ近くにいて、忘れ物を手渡すことが出来たなんてケースがよくあります。
大事なことはゲストが日本を出発する前に忘れ物を気付かせてあげることです。
そうすれば滞在中のどこかのタイミングでしっかりと忘れ物をゲストの手元に渡すことが可能です。
いち早く忘れ物に気付き、ポストなどに入れておけば、ゲストにいつでも渡せますね!

ゲストが出港済みの場合は国際郵便

忘れ物を見つけてゲストに連絡したものの、すでにゲストが日本を出国してしまっていた、なんていう場合もあります。
その時はゲストのいる国まで届けてあげましょう!
そういった場合に便利なのが”国際郵便”です。
国際郵便は荷物のサイズや配達にかかる日数によって多くの区分けがあり、また値段も変わってくるので、ゲストの要望を聞いて、一番適した方法を利用しましょう!

一番オーソドックスな”航空便”、”エコノミー航空便”

国際郵便として最も亜オーソドックスなのがこの2つです。
“航空便”は名前の通り、航空機での配送、”エコノミー航空便”は船便と航空機を利用した配送です。
“航空便”は1週間程度での配達、”エコノミー航空便”は1-2週間での配達となっています。
もちろん料金は”エコノミー航空便”の方が安いですが、利用できる国が限られているので注意が必要です。

とにかく早く送りたい、そんな時は”国際スピード郵便”

海外への配達の場合、最も早く到着するのが国際スピード郵便(EMS)です。
荷物のサイズや重さ、届け先によって料金と所要日数は異なりますが、小包程度のものであれば全世界どこでも2-3日で届けることが可能です。
また、アジア圏への配送の場合、”タイムサーテンサービス”を利用すれば最短翌日に届けることが可能です!
ゲストが忘れていったものが大事な書類だったなんていう場合には重宝しますね。

とにかく安く送りたいなら、”船便”がおすすめ

名称の通り、船で配送する方法です。
配達までに1-3ヶ月を要してしまうのですが、今回紹介した配達方法の中でも最も料金が安いのです。
配達するモノ、届け先の国によっては航空便の1/4程度の料金で送ることができるなんてことも…

いかがだったでしょうか。
今回はゲストが忘れ物をした際の対処方法についてご紹介いたしました。
ゲストの忘れ物を届ける際には、”安さ”や”早さ”の要望をしっかりと聞いて、一番合った方法を選びましょう!
真摯な対応は高評価レビューの獲得に繋がるので、面倒くさがらずにしっかりと対応してみてはいかがでしょうか。
Airbnb運用代行の民泊アシストでは忘れ物以外のトラブルに関してもノウハウを紹介していますので、気になる方はぜひ他の記事もご覧になってください!

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧