Airbnb代行業者が教える、運用でよくあるトラブルまとめ!

Airbnb運用の際にはゲストが引き起こすさまざまなトラブルに気をつけなくてはなりません。
世界各地で起こっているトラブルの中には、ゲストが知らないうちに警察まで関与する事件になってしまっていたものもあります。
しかし、このような事件にまで発展してしまうトラブルは頻繁には起こりません。
もしも起こってしまった場合にはAirbnbの保証制度を利用することができます。
トラブルの中でも最も多いのは、忘れ物や盗難、文化の違いが招くトラブルです。
このようなトラブルはちょっとした工夫で防ぐこともできます。今回はトラブルを減らす、簡単Airbnb運用術をご紹介します。

ゲストが忘れ物をした!

Airbnb運用トラブルの中で最も多いトラブルはゲストの忘れ物です。
忘れ物に気が付いた時にはすでに帰国していて、国際郵便を手配しなければならなくなったりなど手間がかかってしまうことも…
忘れ物があった際には、すぐに気がつくことが大事です。
チェックアウト後すぐに連絡を取れば、まだ近隣にいて直接渡せることもあります。
ゲストがチェックアウトしたら30分以内に物件の清掃をするなど、ルールを決めることが有効です。

ゲストに家の物を持って帰られた!

Airbnb運用トラブルの中で忘れ物に次いで多く発生しているのが、家財の持ち帰りです。
持ち帰りの中には故意の盗難もありますが、盗難に関してはAirbnbがしっかりとサポートしているので安心してください。
ホストが注意しなくてはならないのはうっかりが引き起こす持ち帰りトラブルです。
うっかりの持ち帰りでは、返却のためにホストもゲストも時間を作らなくてはいけないなど、お互いにいいことがありません。
間違えて持ち帰られたくないものはシールを張るなど、ゲストにわかりやすい様にしましょう。

Airbnbならではのさまざまなトラブル

この他にもAirbnb運用をしていると、
電気のスイッチと間違えて、非常ベルのスイッチを押してしまった。
トイレットペーパーをゴミ箱に捨てていた。
物件までの道が分からずに迷ってしまった。
など、様々なトラブルに遭遇することがあります
このようなトラブルが起こさないためには、注意事項をまとめた書類を送るといった事前の準備が必要です。

しかし、このようなさまざまなトラブルに運用開始当初から対策をとることは極めて難しいです。
数多くのAirbnb物件を代行している代行業者はトラブル対処に関するさまざまなノウハウを知っています。
失敗することなくAirbnbを運用したい、忙しくてトラブルに対処している時間がないなどといった方はぜひ、Airbnb運用代行を検討してみてはいかがでしょうか。

民泊アシストではAirbnbでこれから運用をはじめようという方の相談にものっております。どうぞご気軽にご相談ください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧