副業でAirbnb運用を始めるよう!いまAirbnbをおすすめする3つの理由

最近、Airbnbに関するニュースを見ることが多くなってきましたね。
Airbnbを副業にすると儲かるという話を耳にしたり、
皆さんの周りでもAirbnb運用で稼いでいる方がいらっしゃるのではないかと思います。
そこで今回は、Airbnb代行業者が「いまAirbnbを副業におすすめする3つの理由」をご紹介します。

Airbnb運用はすぐに始めることができない

Airbnbを副業におすすめする理由として、「すぐに始めることができない」という理由をあげました。
一見矛盾しているように思われるかもしれませんが、Airbnbは「すぐに始めることができない」ため新たな参入者が少なく、競争に晒されて稼げなくなるなんていう心配はしばらくはなさそうです。
例えば、ブログを書いてアフィリエイトで儲けようなんていう副業は誰でもいますぐに初めることができますが、Airbnbの運用をしようとなると、物件を探すところから、家具選び、外国語のでゲスト対応など様々なやっかいごとがあります。

Airbnb運用は一度始めると安定収入に

Airbnb運用は物件探しや家具の購入など始めるのこそ大変ですが、一度始めてしまえばアパート経営・マンション経営と同様に月々の安定収入を見込むことが出来ます。
しかし、日々の管理・運用に手間がかかってしまうことがネックです。
そのような手間をかけたくないという方は、Airbnb運用代行業者に依頼し、手間をかけずに運用しちゃいましょう!

長期運用でさらなる収益に

普段ホテルなどの宿泊先を決める際には、価格や設備、立地などを考慮することが多いのではないかと思います。
ところが、Airbnb上では利用者の多くが物件のレビューを見て宿泊先を決めることが多いのです。
Airbnbでは実際に宿泊した人だけがレジューを書くことが出来るようになっており、一定数のレビューが貯まるまでには半年〜1年ほどの期間を要します。
つまり、先に始めれば始めるほど、長く続ければ続けるほど、多くの収益につながるのです。

民泊需要の増加によるAirbnb運用の将来性

最近は、日本へやってくる外国人旅行者が爆発的に増えています。
それに伴い、滞在中にAirbnbなどの民泊サービスを利用して滞在先を確保する旅行者が増えています。
この増加傾向はオリンピックまでに更に強くなり、その後も緩やかに続いていくとみられています。
これからAirbnbを運用する方にとっては待ったなしの状況が揃っていると言っても過言ではありません。

民泊アシストではAirbnbを利用した運用を始めようと考えている方や運用代行業者をお探しの方などの相談を承っております。どうぞご気軽にご相談ください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧