Airbnb運用をいま始めるべき3つの理由!これからの宿泊は民泊が主流に…?

民泊サービスAirbnbを利用した訪日旅行者の増大

いま、海外から日本へやってくる旅行者が増加しています!
その理由は、急激な円安の影響による航空券の価格安、格安航空会社の就航路線充実、ビザの発給条件緩和などが挙げられます。
実際どれほど増えたのかというと、東日本大震災によって旅行客の足が遠のいた2011年には622万人だった観光客が、2015年には1500万人を越えるとまで言われているほどです。
こうした旅行者の急激な増加によって、都内のホテルなどの宿泊施設の不足、宿泊価格の急騰が発生しています。
このような宿泊施設を急に増やすことはできないため、需要過多にも関らず宿泊施設不足はこの先長く解消されることはないでしょう。
また、このようなインバウンド需要は2020年のオリンピックに向けてさらに加速していくという予想もあります。
この状況で観光業界、ホテル業界の救世主となるのが、誰でも・少額で・すぐに始めることができるのが、民泊サービスのAirbnbを利用した物件運用です。

Airbnbは少額から始める不動産投資

株高による余剰投資資産が都内の不動産へ向かっており、利回りの良い物件は軒並み市場で売買されてしまっており、都内で利回りの高いマンション・アパートを手に入れるのが難しくなっています。
また、これから不動産に投資して不労所得を得たいという人々にとってマンション・アパートへの投資はリスクが大きいです。しかしAirbnb運用であれば、旅行者向けに最低1部屋から簡単に投資を始めることができます。

Airbnb運用は先行者メリットが大きい

Airbnbには宿泊者から宿泊施設への「レビュー」機能があります。
旅行者が宿泊する場所を選ぶ際にはレビューをチェックしながら様々な物件を検討しています。
なので、良いレビューが集まっている物件ほど人気になります。
こうした人気の物件はさらに多くの旅行者が宿泊しますので、さらに多くのレビューが集まるという好循環が期待できます。
このような理由から、いまAirbnb運用を始めることで比較的少ない競合者の中で先に多くの良いレビューを集めることができるという先行者メリットが大きく働くでしょう。

Airbnb運用には欠かせない旅館業法とは

Airbnb運用を始める際には、旅館業法について心配されている方もいるかと思います。
現在、Airbnbを利用して物件を運用することが法的犯罪であるという明確な線引きはありませんが、旅館業法に触れていないとも言うことができないのが現状です。
しかし、最近ではオリンピックが開催される2020年を目標に東京都内を中心として、民泊に関係する規制の緩和・整備が進んでおります。
恒常的に宿泊施設の足りていない日本では、民泊が宿泊のスタンダードとなる日も近いのかもしれません。

しかし、これまでに述べてきたとおり、Airbnbの勢いは止まるところ知らず、政府も特区を指定してAirbnbなどの民泊を許可するという動きを見せています。
こうした動きから、今後2,3年ほどで多くの人がAirbnb運用を始めるでしょう。
今からAirbnb運用を始めることで、数多くのメリットを得ることができます。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧