Airbnb運用物件の選び方!あなたの準備資金はいくらある…?

Airbnb物件の運用は、最初に投資できる金額によって運用のスタイルが大きく変わります。
そこで今回は準備資金別に見るおすすめの投資方法をご紹介します。

Airbnb運用準備資金 ~50万円

初期費用や家具の購入費用などを考えると、おすすめなのはワンルームや1Kなど家賃が10万円以内に抑えられる物件です。
出来れば敷金や礼金のない部屋を借りて、家具など内装に少しでも予算を回し、付加価値を付けるのが良いでしょう。
家具を購入する資金があまりない場合は家具のレンタルサービスなどを利用することを検討してみてはいかがでしょうか。
また、運用に関しても利益が出始めるまではご自身で運用し、利益が出始めたら運用代行業者や清掃業者に委託するのも良いでしょう。

Airbnb運用準備資金 50~100万円

人気のエリアで1DK、1LDK、2DK、デザイナーズ物件などミドルクラスの物件を運用することが出来ます。
統一感など、お部屋の雰囲気に最大限の注意を払い、ソファや照明などしっかりとした家具を取り揃えましょう。
また運用代行業者も積極的に利用し、サービスの質を高め、よいレビューを集めて他の物件と差別化を図りましょう。

Airbnb運用準備資金 100~万円

人気のエリアでタワーマンションや、広い部屋を借りて運用することが出来ます。
ウェルカムドリンクとしてシャンパンを用意したり、高級なブランド物のベッドを揃えたり、他の物件にはないラグジュアリーな演出をセットにすることで人気の物件をめざすことができます。
こうした物件は参入障壁が高くなかなかライバルが現れないので、利益を独占的に得ることができるかもしれません。
また、ゲストに気に入れられればリピーターとして定着する割合が高いです。
準備資金が豊富にある場合には、1つの物件運用に留めず、ミドルクラスの物件を複数運用するといったこともおすすめです。

いかがだったでしょうか。
準備資金をどれくらい用意し、どのような物件で運用をするなかで、その後の収益が大きく変わります。
運用を始められる前には、ぜひこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか!
Aribnb運用について不明な点やご相談などがありましたら、民泊アシストまで無料でお問い合わせください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧