Airbnb運用を始める前に知っておきたい、日本のAirbnb運用事情!

最近はAirbnb運用を副業として始めたいと思っている方が増えています。
また、Airbnb運用代行の民泊アシストへ運用に関してのお問い合わせも数多くいただいております。
このような状況を考え、民泊アシストでは代行業務を通じて培ったノウハウをできる限り皆さんに伝え、民泊という文化を活性化させる必要があるのではないかと考えました。
そこで今回は、Airbnb代行業者が教える「今だから知っておきたい!日本でのAirbnb運用事情」をお伝えいたします。



人気急上昇中の民泊サービスAirbnb

2014年に日本でもついにサービスが開始され、いまでは東京で2000件もの物件が登録、運用されているAirbnb
自分の空き部屋やスペースを有料で旅行者に貸すことのできる民泊サービスとしてすでに世界192ヶ国で35000都市、約35万件の物件が登録されており、今後は日本でも人気が高まることが期待されています。



Airbnb運用物件の利用者はあの国がダントツ!?

日本政府観光局が今年公表した資料によると、2015年上半期の訪日観光客数は過去最高の914万人を記録したようです。
そして増加する観光客の中で、日本滞在中に最もAirbnbで運用されている物件を利用しているのはアメリカ・オーストラリアからの観光客なんです。
なんとこの2ヶ国だけで、日本でのAirbnb利用者の40%近くにも達します。 Airbnbを運用する際にはどんな利用者が多いのかを把握するのは大切ですね!

都内では客室数不足が深刻…

日本にやってくる観光客が増えているということは、観光客が滞在するためのホテルや旅館も増えていなければなりませんね。
しかし、最近いきなりホテルがいろいろなところに増えたな…と思う人はあまりいないのではないでしょうか。
観光庁から発刊されている観光白書によれば、東京都にある宿泊施設の稼働率はここ3年で20%ほどしか増加していないのです。
つまり、観光客の増加に対し宿泊施設の供給が足りておらず、滞在先を見つけられない観光客が増えているのです。

東京五輪にはAirbnb運用物件を利用した宿泊が主流になる??

そんな中で、いま注目されているのがAirbnbで運用されている物件を利用した民泊です。
政府は東京オリンピックに向けて今後さらに増大する観光客に対し、受け入れる準備が充分に整っていることをアピールしたいのですが、
用地のあまりない都内では、新たに宿泊施設が立建てることが困難なために、既存の建物を一時的に宿泊先として受け入れる民泊を次第に推進し始めています。
都内では大田区が先行して民泊を認める条例を制定する方針を明らかにしました。
利用者からのニーズも充分にあり、政府も条例の整備に踏み出しているいまがAirbnbでの物件運用に乗り出すチャンスです!

代行業社を活用して、効率よくAirbnbを運用しましょう

以上、Airbnb代行業者が教える「今だから知っておきたい!日本でのAirbnb運用事情」をお伝えいたしました。
Airbnbの運用を始める際にはどのような人が利用するのかをしっかり知っておくことが大切ですね。
Airbnb運用代行の民泊アシストでは運用に関する様々なノウハウをご提供します!ぜひ一度お問い合わせください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧