最短でAirbnb運用を始めるために必要な8ステップ!

これからAirbnbで運用を始めようと考えている方に向けて、Airbnbを始めるためのステップについて詳しく紹介いたします。全てのステップを順調に進めれば最短1ヶ月程でAirbnb運用を開始することが出来ます。

Airbnbにいくら投資できるかはっきりとさせる

これからAirbnbを運用して利回りを上げようとしている方は、まず「いくらまで投資できるのか」ということをはっきりさせましょう
投資できる資金の額によって、どれくらいの物件数を運用するのか・どんな物件を選ぶのか・どんな家具を選ぶのか・どんな旅行者をターゲットにするのかといった基本的な戦略が大きく変わってきます。

投資するエリアを決める

Airbnbに投資する額を決まったら、次に投資するエリアを決めましょう。
Airbnbを運用するエリアを決める際に大切なのはAirbnb利用者が利用しやすいエリアを理解することです。
運用を検討されている方の多くが間違った認識をしているのですが、旅行者が物件を借りたいと思うエリアと、居住者が住みたいと思う場所にはギャップが有ります。
例えば、吉祥寺は東京の中でも屈指の人気居住エリアですが、Airbnbでの人気はあまり高くありません。Airbnbで人気の物件は、渋谷や新宿、浅草や秋葉原など主要な観光地に集中しています。運用物件を探す際には、上記のエリアで探すのがおすすめです。

Airbnbで運用する物件を決める

物件を運用するエリアが決定したら、次は運用物件を探しましょう。
どんな物件を選ぶのかは、Airbnb運用の「核」となる重要な要素です。
賃貸物件は時期によって需要に差があるため、運用に好条件な物件を見つけることがはなかなか難しいかもしれませんが、妥協せず、粘り強く探しましょう。
Airbnbで運用する物件の選び方についてはこちらの記事も参考にしてください。
【完全解説】Airbnb運用をはじめる全ての人に知っていて欲しい物件の選び方

物件を契約する

いよいよ物件が決まったら、賃貸契約を交わしましょう。
初期費用と仲介費用を払い、物件の契約が決まったら、入居時期を仲介業者と相談して決めることになります。
入居時期は家具が搬入される日付から逆算して決めると良いでしょう。
家具が着くまでは写真を撮ることも出来ず、Airbnbで予約も入りません。そうなってしまうと、空室率があがり、利回りが低下することとなります。

家具を用意する

物件に置く家具は、物件の目星を付けた段階から同時並行で進めましょう。
物件を借りてから家具が届くまでの間が空いてしまうと単純な損失になってしまいます。
家具に関してはご自身でお気に入りの物を選定するのもいいですし、Airbnb代行業者に相談してみるのもいいでしょう。
民泊アシストではお問い合わせいただいた方に限定で、おすすめ家具一式の資料(金額・見栄え・機能などを総合に判断したものとなります)をお送りしております。
また、運用物件に最適な家具のコーディネートも承っております。ご気軽にご相談ください。

運用物件の写真を撮影する

家具が届き、貸し出の準備が整ったら、Airbnbに掲載する内装写真を撮影しましょう。
写真の撮影はとても重要です。Airbnb利用では、ゲストが事前に得られる情報は物件の写真と紹介文が大きな要素となっています。
そのため、物件の写真撮影はとても重要です。スマートフォンやコンパクトデジタルカメラでの撮影ではなく、プロのカメラマンに依頼するのが良いでしょう。

Airbnbに運用物件を掲載する

Airbnbに掲載する文章や写真などが完成していれば30分もかからずに部屋を全世界の旅行者に向けて貸し出すことができるようになります。

貸出金額を調整する

貸出金額は時期に合わせて最適化を図りましょう。
事前の準備を怠ると繁忙期にも関わらず、安い金額で貸出を行うこととなってしまいます。

以上、Airbnb運用を最短で開始するために必要なステップについて説明しました。
8ステップとはいっても、全てのステップを自力行うにはそれなりの労力がかかってしまいます。そこで、Airbnb運用代行業者を利用しましょう。
民泊アシストでは上記の8ステップはもちろん、他にも様々なアドバイスを提供しております。
ぜひ、一度お問い合わせください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧