Airbnb運用物件をスムーズに契約するために必要なもの

物件契約の手続き時に必要なもの

住民票・印鑑証明

区・市役所に行くと有料ですが簡単に手に入れることができます。役所は平日しか空いていないの、契約の前になって慌てる事のないように、Airbnb運用を決めた方は事前に取得しておくことをおすすめします!

収入を証明する書類

申込から賃貸契約に至るまでの間に審査が行われます。審査では収入の証明が必要になることが多いので、源泉徴収、確定申告書、支払証明などを用意してください。会社勤めの方は会社に申請すれば源泉徴収票を交付してくれます。自営業・フリーランスの方は、直近の確定申告などを提出できるように準備しておいてください。

物件契約の保証人

多くの物件では、賃貸契約に保証人をたてることが必要になります。保証会社を使う場合でも、保証人が必要になるケースがありますので頼める人を探しておく必要があります。
不動産屋から渡される書類への署名・捺印が必要になります。

銀行口座・銀行印

銀行口座の引き落としで家賃を支払う場合に必要になるのが、銀行口座と口座を取得した際に使用した銀行印になります。振り込みで支払いをする場合には必要はありません。

賃貸契約に必要な初期費用

物件を契約する際には、一般的に以下の費用が必要となります。
・大家への敷金・礼金
・不動産会社への仲介手数料
・鍵交換費用
・保険費用
・初月の家賃
月の家賃の4~5ヶ月分程度の費用を想定しておくと良いでしょう。

民泊サービスAirbnbで利用することを説明する

賃貸契約の中には又貸しを禁止する条項が入っていることが多いです。そうした場合、大家の許可無くAirbnbで物件を運用すると、即時退去を要求されるようなことになりかねません。事前にこうした点について大家の方と相談しておく必要があります。

以上、Airbnbで運用する物件お契約をスムーズに進めるために必要なステップについて説明しました。他にも不明な点などがあれば、民泊アシストにぜひご相談ください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧