始める前に知っておきたい!Airbnb運用のリスクって?

Airbnbでの運用を検討されている方の多くは、そのメリットだけを見て始められる方が多いです。しかし、何事にもリスクは付きものです。Airbnbにも運用に関するリスクがいくつかあります。
そこで今回は、Airbnb運用におけるリスクについてご紹介します。

契約違反物件の運用

日本の賃貸では、又貸しを禁じるところが少なくありません。Airbnb用の賃貸契約をする際には、物件をAirbnbで運用しようと考えていることをきちんと大家さんに伝え、双方合意の上で運用を開始するようにしましょう。
まだ、日本人の逮捕歴はありませんが、法律上は違法であるために今後規制等が行われる可能性がありますので、十分に注意しましょう。

ゲストの実態

Airbnb運用では、ゲストとは事前のメッセージのやりとりのみで、ゲストと直接会う機会はありません。
なので、ゲストの中には物を乱暴に扱ったり、水を出しっぱなしにするなど、マナーが悪いゲストが宿泊する恐れがあります。
万が一物などが壊されてしまった時には、Airbnbが最大100,000,000円を保証をしてくれてますが、大切なものは壊されることがないように注意をしましょう。
また、マナーの悪いゲストにはすでに低いレビューが付いている可能性がありますので、貸し出す際にはしっかりとゲストのレビューを見てから貸し出しましょう。

ゲストと連絡が取れない

Airbnb運用におけるトラブルでよくあることが、ゲストの音信不通です。
インターネット回線が見つからずに、連絡できなかったというケースが最も多いです。
連絡が取れなくなっても困らないように、事前に物件までの地図を渡したり、最終チェックイン時間を決めておくなどの対策が必要です。
旅行者の多くはネット環境を持っていないので、電話番号と公衆電話の使い方を教えておくのもいいかもしれません。

運用における近隣トラブル

Airbnb運用を始めると、その物件には多くの外国人が出入りすることになります。
近隣の人には見知らぬ人たちが出入りすることになるので、不安を覚える方もいるかもしれません。
事前に近隣住民にはAirbnbで貸し出しをしていることを伝えましょう。

しっかりとAirbnb運用を行うには、そのリスクを熟知し、回避することが大切です。
民泊アシストではリスク管理における様々なノウハウを持ち合わせており、お客様に安心して運用をしていただくことを目指しております、
代行をお考えの方はぜひ一度、ご相談ください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧