Airbnb運用でいくら稼げるの?代行業者が試算してみました!

最近はAirbnbを利用した物件運用が流行っていますが、実際にいくら収入が入るのか疑問を持たれている方もいるでしょう。
そこで今回は人気のエリアの1つ、渋谷での物件運用を想定し、実際にいくら収入が入るのか計算してみました!

まずは運用物件を想定しましょう!

10月6日付けの渋谷の賃貸を調べ、平均的な物件を割り出してみました!
渋谷駅から徒歩5分の23平米のワンルーム、家賃10.4万円。
損害保険が2年で2万円、初期費用に6.5万円、仲介手数料は1ヶ月となりました。

Airbnbでの貸出金額は?

Airbnbで運用されている渋谷の物件の平均貸出金額は10662円(10月6日付け)です。
今回はこの金額に合わせて、10000円で計算をしてみます。
さらに、貸し出す際には清掃料金を設定しなくてはなりません。今回は清掃料金を安めの2000円と設定してみます。

運用収入を計算してみた!

予約率を7割程度と想定すると、31日間の内で22日間予約が埋まっていることとなります。
それぞれの予約携帯は1週間滞在が1組、3日滞在が3組、1日滞在が6組とします。
この条件で計算すると、1ヶ月の売上は
{10000 ☓ 7 + 2000} + { (10000 ☓ 3 + 2000 ) ☓ 3 } + {(10000 ☓ 1 + 2000) ☓ 6 } = 240000円となり、ここから月の家賃を引き、
240000 – 104000 = 136000円がそのまま利益となります。
さらに、物件の契約の際にかかった初期費用は
家賃 104000 + 損害保険 20000 + 初期費用 65000 + 仲介手数料 104000 = 293000円ですので、運用を開始して2ヶ月後には
(初月売上240000 + 翌月売上240000) – (初月経費293000 + 翌月経費104000) = 83000円となり、初期費用を回収して早くも利益がでました!
引き続き運用していくと、月の収入がそのまま収入となります。

Airbnb運用は続ければ続けるほど収入が増える?

以上の条件で運用を続けていくと半年後には手元に40万以上の利益がでることになります。

これは単純に初月の売上ベースで計算をしていますが、Airbnb運用は続ければ続けるほどレビューが増え、信頼あるホストとみなされます。
そうすることで、予約数も増え、値段高く設定することができ、さらに利益をあげることができます。

Airbnb運用は稼げる!

いかがでしたでしょうか。
Airbnbは適切に運用をすれば、多くの場合で利益をあげることができます。
ただ、運用の全てを1人で一から始めるということはとても手間がかかってしまいます。
代行業者にお任せすれば、Airbnb運用における手間を全て代行してもらうことができます。
代行業者に依頼すれば、次の月にはもう運用を始めることも可能です。
運用代行業者をお探しの方は、ぜひ民泊アシストにお問い合わせください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧