Airbnb代行業者だけが知っている物件運用で稼げる3つの秘訣

Airbnbで宿泊物件を探しているゲストと直に触れる機会が多い代行業者だからこそわかる、稼げる物件に共通する3つの特徴をまとめました。
Airbnbで運用をお考えの方は、ぜひ物件選びや運用の参考にしてください。

Airbnb運用は人気のエリア・アクセスで

Airbnbで宿泊しているゲスト最も気にすることは、やはり観光地へのアクセスの良さです。
東京では、新宿や渋谷といった都心のエリア、さらには浅草、秋葉原といったエリアが最も人気です。
また、六本木や恵比寿など夜に遊べるエリア、新宿御苑や代々木公園付近など閑静な住宅街も人気のエリアです。

Airbnb運用は長期滞在者に優しく

Airbnbで物件をうまく運用するためには、空室率を下げることがとても大事です。
空室率を下げるのにもともいい方法は長期滞在者向けに物件を貸し出すことです。
そうすることで、空室率を下げるとともに、ゲストのチェックアウト後に毎回行う清掃費を抑え、管理コストを下げることも出来ます。
また、ホテルや旅館で長期滞在をすると費用がかさむため、長期滞在してゆっくり観光をしようとしている旅行者はAirbnbで物件を探していること多いです。
知らないゲストに貸すことで、騒音などの問題が起きるのではないかなどの心配をする方もいるでしょうが、近隣とトラブルになった際には退去してもらうこともあるかもしれないということを伝えておくことで、そういったトラブルを避けることができます。
洗濯機や調理器具など長期滞在に必要不可欠な物を揃えたり、長期利用者向けの割引を設定するなどして長期滞在者を獲得しましょう。

Airbnb運用はWifiの設備を整えよう

Airbnbで実際に運用を開始すると分かることですが、ゲストからWifiについて質問をされることが多いです。
旅行者には写真をSNSで共有したり、一日の計画を立てるためにインターネットを利用したいという方が非常に多いです。
持ち運びできるpocket wifiだけでなく、光ファイバー対応のインターネット回線の両方が整っている物件にはいいレビューが集まります。

Airbnbで、代行業者だからこそ知ることが出来るAirbnbのノウハウについて紹介しました。
ここでは消化しきれない様々なノウハウが民泊アシストにはあります。
是非ご気軽にご相談ください。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧