Airbnb代行業者って何をするの?意外と知らない代行業とは

自分でAirbnbを一から運用するのはめんどくさい・・・
貸し出せる部屋は持っているけれど、家具のレイアウトが微妙・・・
Airbnbの運用を始める上で心配になったり、手間がかかることが多々あります。
そこで、運用を代行業者に依頼することで負担を軽減してみてはいかがでしょうか。
今回はAirbnb運用代行業者がやってくれることをまとめました。

ゲストとのメッセージ代行

利用者との予約などの連絡は基本的にAirbnbサイト上で行います。
Airbnb利用者の大半は外国からの旅行者なので、英語でのやりとりが必須となっています。
やりとりがスムーズに行われないと、予約を取り逃がしてしまうことに繋がったりするので、しっかりとした英語力が必要です。
代行業者を選ぶ際には語学に長けたスタッフが在籍しているかをしっかりと確認しましょう。

部屋の清掃代行

ほとんどの代行業者が部屋の清掃をプランの一部として行っています。
部屋が綺麗かどうかは利用者の満足度に大きく影響しますので、清掃業務に長けたスタッフが在籍している、または清掃を専門の業者に依頼している代行業者を選ぶのが良いでしょう。

リスティング業務代行

たくさんの予約を獲得するためには、掲載情報をAirbnb上で多くの利用者に閲覧してもらうことが重要です。
また、物件の価格が適切であるかどうかも同様に重要です。
このような設定を適切に、さらに効率よく行うためにはAirbnbマーケティングに精通していることが必要なため、個人で行うのは簡単ではありません。
代行業者に依頼し、適切な設定を行ってもらいましょう。

家具の選定・レイアウト代行

Airbnb上の設定を適切に行うことはもちろん重要ですが、部屋自体の魅力を高めることも非常に重要です。
そのためには、部屋に設置する家具の選定やレイアウトをしっかりと行わなくてはなりません。
このような事はある程度の経験やセンスが必要ですので、代行業務として扱っている代行業者に依頼するのが得策でしょう。

内装写真の撮影代行

家具の選定やレイアウトが一通り済んだら、Airbnb上に掲載する写真を撮影をする必要があります。
この内装写真は利用者がAirbnb上で宿泊先を選ぶ際の重要な評価基準ちなりますので、スマホ等で撮影した写真ではなく、プロのカメラマンに撮影してもらうのが良いでしょう。
代行業者の中には内装写真の他にも、最寄駅や近隣の目印となる建物から物件までの道筋の写真を撮影してくれる業者もありますので、一口に写真撮影の代行といっても、実際にどのようなことを行ってくれるのかを事前に確認することが大切です。

利用者向けガイドブックの作成代行

最寄り駅や目印となる建物から物件までの道のりを写真を交えてわかりやすく掲載したアクセスマップ、宿泊中の禁止事項、近隣とのトラブル回避のためのルール、旅行者の満足度向上を目的とした周辺施設の紹介及び観光スポットなどを掲載したガイドブックを事前に作成し、利用者に共有することで安心して運用を行うことができます。
このようなガイドブックの作成を個人で行うとなると、言語対応なども含め、とても手間のかかる作業となってしまいます。
とは言っても、手を抜いてしまうと思わぬトラブルにつながる恐れがありますので、注意が必要です。ガイドブック作成は代行業者に依頼し、迅速に運用を始めましょう。

Airbnb運用はノウハウを持った代行業者に依頼しましょう!

Airbnb物件はただ運用するだけでは上手くいきません。
予約が多く入る、人気の物件にするためには、利用者とのやりとりのスムーズさ、清掃、Airbnb上での各種設定などの多くのことを徹底して行わなければなりません。
また、大半のものは専門性を有するものであり、個人で全てを補うのはある程度の時間が必要です。
Airbnb運用をあくまで副業として考えられている方であれば、代行業者を使用するのが良いでしょう。
そして、代行業者の中でも部分代行ではなく、完全代行を利用するのが得策です。
民泊アシストは上記に挙げた全てのことに対応した完全代行業者です。
Airbnb運用をお考えの方は、ぜひ一度ご連絡下さい。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧