万が一のトラブルが起きたら!Airbnbの保証金について

民泊サービスAirbnbの保証金について

8649958f5778209bdba891fe4f2ed4e3_l-compressor

万が一のゲストとのトラブルに備えて、保証金は設定していますか?ちょっと仕組みがわかりづらいAirbnbの保証金についてまとめました。旅行者から保証金について質問された時に答えられるようにしておきましょう。

ゲストが保証金を支払うのはいつなのか?

ゲストが保証金を支払うタイミングは、実際にトラブルが発生し、ホストからゲストへの請求が実行されたあとになります。保証金を設定しておけばなんでもかんでも請求できるわけではありません。旅行者の方から保証金について質問されることもあるかと思いますが、Airbnbに保証金がデポジットされたりすることはありません。

保証金を申請するタイミングは?

ゲストがチェックアウトしてから48時間以内にAirbnbサイト上「問題解決センター(URL: https://www.airbnb.jp/resolutions)」からゲストに請求をしてください。

保証金が支払われるまでの流れ

難癖をつけるような請求でなければ、ゲストも過失を認めてくれる場合が多いでしょう。ゲストが過失を認めた場合、設定した保証金の中で損害賠償が請求されます。もしゲストが過失を認めない場合、Airbnbに仲裁を依頼することになり、トラブルの解決に必要な時間は長くなるでしょう。
トラブル解決のために被害状況を記録した写真やビデオ、修理・買い替えに掛かった費用の受領証や、同一製品へのリンクなど証拠書類の提出が必要になることもあります。
当然ですが保証金の支払いに際してはAirbnbの手数料が掛かることなどはありません。

一番大事なのはトラブルを起こさないこと

大抵の場合、保証金で解決できる問題は、
そもそもゲストとホストできちんと意思の疎通やルールの確認ができていれば防げるようなものが多いです。
トラブルを起こさないことが何よりの対策になります。
部屋を案内しながらルールの確認をきちんとして、ハウスガイドの読み合わせまで行っておけば安全・安心ですよね。
そこまでどうしても手が回らないという方は、
民泊アシストまで是非お問い合わせ下さい。
鍵の手渡しと、対面の部屋の案内にこだわった民泊アシストなら未然にトラブルを防げるはずです。

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事についているタグ一覧